Blank Cover Image
タイトル、所在が表示されます

日本語の文字・表記 : 研究会報告論集

フォーマット:
図書
責任表示:
[石井久雄, 笹原宏之編]
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 国立国語研究所, 2002.3
形態:
115, 119p ; 21cm
著者名:
目次情報:
日本の文字・表記における現代と歴史との断絶 石井久雄著
外国語・外来語とその表記 犬飼隆著
字形のゆれ・変化と字体のゆれ・変化の相互関係について : 字体・字体単位体のはりあい・収斂に注目して 佐藤栄作著
使用高頻度漢字の歴史的推移と基本度 小野正弘著
地名表記漢字の方言資料としての可能性 : 「畦」「畔」の訓「あぜ」「ぼた」「くね」「くろ」「はぜ」「むろ」の歴史と分布 笹原宏之著
情報処理教育を通じて見た現代の学生の漢字や表記に関する意識の一端 當山日出夫著
他田日奉部直神護解をめぐって : 非分節的要素の表記と宣命書き 乾善彦著
正徹筆本『徒然草』の訂正個所をめぐって 今野真二著
高野切古今和歌集第二種および同筆資料における「ん」字について 中川美和著
江戸時代後期の平仮名・片仮名について 久保田篤著
振り仮名と漢字表記との関係の処理について 田島優著
「名乗り字」の逸脱/「名乗り字」からの逸脱 佐藤稔著
日本の文字・表記における現代と歴史との断絶 石井久雄著
外国語・外来語とその表記 犬飼隆著
字形のゆれ・変化と字体のゆれ・変化の相互関係について : 字体・字体単位体のはりあい・収斂に注目して 佐藤栄作著
使用高頻度漢字の歴史的推移と基本度 小野正弘著
地名表記漢字の方言資料としての可能性 : 「畦」「畔」の訓「あぜ」「ぼた」「くね」「くろ」「はぜ」「むろ」の歴史と分布 笹原宏之著
情報処理教育を通じて見た現代の学生の漢字や表記に関する意識の一端 當山日出夫著
続きを見る
書誌ID:
BA56360897
子書誌情報
Loading
eリソース
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

国立国語研究所

凡人社

国立国語研究所

矢田, 勉

汲古書院

国立国語研究所

国立国語研究所

国立国語研究所

国立国語研究所 ,1988.3

国立国語研究所

国立国語研究所

武部, 良明(1920-), 加藤, 彰彦(1928-), 宮地, 裕(1924-)

明治書院

国立国語研究所

くろしお出版

国立国語研究所

国立国語研究所

国立国語研究所

国立国語研究所

国立国語研究所

沖森, 卓也(1952-), 笹原, 宏之(1965-), 常盤, 智子(1967-), 山本, 真吾(1961-)

三省堂