>> Google Books
タイトル、所在が表示されます

社会調査の社会学

フォーマット:
図書
責任表示:
先端社会研究編集委員会編
言語:
日本語; 英語
出版情報:
西宮(兵庫) : 関西学院大学出版会, 2005.3
形態:
ii, 399p ; 21cm
著者名:
シリーズ名:
先端社会研究 ; 第2号 <BA71680496>
目次情報:
説明と物語 : 社会調査は何をめざすべきか 盛山和夫 [著]
事例研究再考 : 生活を組み立てる<力>としての調査研究 宮内泰介 [著]
"フィールド"から"わかる"ということ : "調査"についてのいくつかの考察 高畑由起夫 [著]
目で見る方法序説 : 視覚の方法化、もしくは考現学と民俗学 川田牧人 [著]
フィールドで絵を描こう : 社会調査のためのスケッチ・リテラシー 亀井伸孝 [著]
阿片と天皇の植民地/戦争人類学 : 学問の対民関係 全京秀 [著] ; 山泰幸, 金蘭姫訳
変容する都市コミュニティの普遍 : 都市社会学調査における「共在感覚」の発見 奥田道大 [著]
ある「善行」調査員の視線 : 関東大震災・東京府善行美績調査員の手記から 重信幸彦 [著]
生活知のくり出し方 : 「村の日記」のなかの調査 古川彰 [著]
制御か共感か? : 住民による環境調査に見る幸せの形 嘉田由紀子 [著]
映画がもつ"啓発する力"を調べる可能性 : 『フリークス』を読む試みから 好井裕明 [著]
手紙形式による人権問題講義 : <構造的差別>のソシオグラフィの試み 三浦耕吉郎 [著]
「子どもの最善の利益」の証(エビデンス)を求めて : ソーシャルワークにおけるリサーチとプラクティスを繋ぐ 芝野松次郎 [著]
説明と物語 : 社会調査は何をめざすべきか 盛山和夫 [著]
事例研究再考 : 生活を組み立てる<力>としての調査研究 宮内泰介 [著]
"フィールド"から"わかる"ということ : "調査"についてのいくつかの考察 高畑由起夫 [著]
目で見る方法序説 : 視覚の方法化、もしくは考現学と民俗学 川田牧人 [著]
フィールドで絵を描こう : 社会調査のためのスケッチ・リテラシー 亀井伸孝 [著]
阿片と天皇の植民地/戦争人類学 : 学問の対民関係 全京秀 [著] ; 山泰幸, 金蘭姫訳
続きを見る
書誌ID:
BA72674535
子書誌情報
Loading
eリソース
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

先端社会研究編集委員会, 高坂, 健次(1944-), 阪本, 俊生(1958-), 長谷川, 計二(1957-), 好井, &hellip;

関西学院大学出版会

先端社会研究編集委員会, 高坂, 健次(1944-)

関西学院大学出版会

先端社会研究編集委員会

関西学院大学出版会

福武, 直(1917-1989)

東京大学出版会

先端社会研究編集委員会

関西学院大学出版会

大谷, 信介(1955-)

ミネルヴァ書房

北川, 由紀彦(1972-), 山北, 輝裕(1979-)

放送大学教育振興会

Lazarsfeld, Paul Felix, 1901-1976, Reitz, Jeffrey G., Pasanella, Ann K., 斎藤, 吉雄(1926-), 松下, 武志

恒星社厚生閣

岩永, 雅也(1953-), 大塚, 雄作(1952-), 高橋, 一男(1955-)

放送大学教育振興会

直井, 優(1942-)

サイエンス社