>> Google Books
タイトル、所在が表示されます

終末期医療と医事法

フォーマット:
図書
責任表示:
甲斐克則編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 信山社, 2013.2
形態:
x, 302p ; 22cm
著者名:
甲斐, 克則(1954-) <DA07767679>  
シリーズ名:
医事法講座 / 甲斐克則編 ; 第4巻 <BB00619211>
目次情報:
終末期医療における患者の意思と医療方針の決定 : 医師の行為が法的・社会的に問題にされた事例を踏まえて 前田正一執筆
安楽死の意義と限界 加藤摩耶執筆
オランダにおける安楽死論議 平野美紀執筆
医師による自殺幇助〈医師介助自殺〉 神馬幸一執筆
人工延命処置の差控え・中止〈尊厳死〉論議の意義と限界 秋葉悦子執筆
アメリカにおける人工延命処置の差控え・中止〈尊厳死〉論議 新谷一朗執筆
イギリスにおける人工延命措置の差控え・中止〈尊厳死〉論議 甲斐克則執筆
フランスにおける人工延命処置の差控え・中止〈尊厳死〉論議 本田まり執筆
ドイツにおける治療中止 : ドイツにおける世話法改正と連邦通常裁判所判例をめぐって 武藤眞朗執筆
終末期医療とルールの在り方 辰井聡子執筆
成年後見制度と終末期医療 神野礼斉執筆
認知症の終末期医療ケア : "認知症ケアの倫理"の視点から 箕岡真子執筆
小児の終末期医療 甲斐克則執筆
終末期医療における患者の意思と医療方針の決定 : 医師の行為が法的・社会的に問題にされた事例を踏まえて 前田正一執筆
安楽死の意義と限界 加藤摩耶執筆
オランダにおける安楽死論議 平野美紀執筆
医師による自殺幇助〈医師介助自殺〉 神馬幸一執筆
人工延命処置の差控え・中止〈尊厳死〉論議の意義と限界 秋葉悦子執筆
アメリカにおける人工延命処置の差控え・中止〈尊厳死〉論議 新谷一朗執筆
続きを見る
書誌ID:
BB12098604
子書誌情報
Loading
eリソース
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

甲斐, 克則(1954-)

成文堂

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

信山社

9 図書 医事法講座

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

慶應義塾大学出版会

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

成文堂

甲斐, 克則(1954-)

信山社

甲斐, 克則(1954-)

成文堂