>> Google Books
タイトル、所在が表示されます

平成の天皇制とは何か : 制度と個人のはざまで

フォーマット:
図書
責任表示:
吉田裕, 瀬畑源, 河西秀哉編 ; 冨永望 [ほか] 執筆
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 岩波書店, 2017.7
形態:
xix, 265p ; 19cm
著者名:
吉田, 裕(1954-) <DA00209911>
瀬畑, 源 <DA17472128>
河西, 秀哉(1977-) <DA16795336>
冨永, 望(1974-) <DA16764274>
舟橋, 正真(1982-) <DA18022262>
山口, 輝臣(1970-) <DA12179793>
森, 暢平(1964-) <DA14093451>
渡辺, 治(1947-) <DA01166213>
西村, 裕一(1981-) <DA18077082>
続きを見る
目次情報:
象徴天皇制とは何か : 制度と個人のはざまで : はじめに 河西秀哉 [執筆]
明仁天皇論 : 近代君主制と「伝統」の融合 瀬畑源 [執筆]
美智子皇后論 : そのイメージと思想・行動 河西秀哉 [執筆]
柔らかな「統合」の形 : 公的行為の拡大と弱者へのまなざし 冨永望 [執筆]
「皇室外交」とは何か : 「象徴」と「元首」 舟橋正真 [執筆]
「平成流」平和主義の歴史的・政治的文脈 吉田裕 [執筆]
宮中祭祀と「平成流」 : 「おことば」とそれに映る天皇像 山口輝臣 [執筆]
メディア天皇制論 : 「物語」としての皇室報道 森暢平 [執筆]
近年の天皇論議の歪みと皇室典範の再検討 渡辺治 [執筆]
「象徴」とは何か : 憲法学の観点から 西村裕一 [執筆]
「平成」の終焉と天皇制の行方 : 座談会 吉田裕, 瀬畑源, 河西秀哉 [執筆]
象徴天皇制とは何か : 制度と個人のはざまで : はじめに 河西秀哉 [執筆]
明仁天皇論 : 近代君主制と「伝統」の融合 瀬畑源 [執筆]
美智子皇后論 : そのイメージと思想・行動 河西秀哉 [執筆]
柔らかな「統合」の形 : 公的行為の拡大と弱者へのまなざし 冨永望 [執筆]
「皇室外交」とは何か : 「象徴」と「元首」 舟橋正真 [執筆]
「平成流」平和主義の歴史的・政治的文脈 吉田裕 [執筆]
続きを見る
書誌ID:
BB24203568
子書誌情報
Loading
eリソース
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

河西, 秀哉(1977-)

人文書院

河西, 秀哉(1977-)

講談社

渡辺, 治(1947-)

青木書店

青木, 孝平(1953-)

社会評論社

冨永, 望(1974-)

思文閣出版

上山, 春平(1921-)

法蔵館

天野, 恵一

社会評論社

菅, 孝行(1939-), 反靖国・反天皇制連続講座実行委員会

勁草書房

岩尾, 裕純(1915-1991)

大月書店

千田, 夏光(1924-)

汐文社