Blank Cover Image
タイトル、所在が表示されます

イギリス・ルネサンス : 詩と演劇 : 小津次郎教授還暦記念論集

フォーマット:
図書
責任表示:
小津, 次郎(1920-1988) ; 中野里, 皓史(1930-) ; 冨原, 芳彰(1921-)
言語:
日本語; 英語
出版情報:
東京 : 紀伊國屋書店, 1980.8
形態:
ix, 204, 149, viiip ; 22cm
著者名:
目次情報:
『ロミオとジュリエット』の悲劇性 冨原芳彰著
『十二夜』から『尺には尺を』へ 村上淑郎著
『ハムレット』の風景 : 光と闇 : 『ハムレット』経験におけるオフィーリア場面の意味 笹山隆著
『ハムレット』における復讐とハムレットにとっての復讐 中野里皓史著
クレオパトラはなぜ死ぬのか : シェイクスピアの作劇法についての一考察 玉泉八州男著
『冬のよばなし』随想 上野美子著
拍手喝采 丸谷才一著
『フォースタス博士』の喜劇 平田満男著
変装のゆくえ : チャップマン喜劇についての覚書 野崎睦美著
日本語でせりふを書く仕事について 木下順二著
“The purpose of playing" : catharsis in Hamlet John F. Andrews著
The balance and the sword in Measure for Measure M.C. Bradbrook著
The world of Shakespeare's last plays N.T. da Silva著
The persons personated : character lists in English Renaissance play texts Bernard Beckerman著
The idea of comedy and some seventeenth century comedies G.K. Hunter著
The Ireland forgeries : an unpublished contemporary account S. Schoenbaum著
Q1-3 of The Malcontent, 1604, and the compositors Akihiro Yamada著
Shakespeareの言語における動詞化された名詞 嶺卓二著
『ロミオとジュリエット』の悲劇性 冨原芳彰著
『十二夜』から『尺には尺を』へ 村上淑郎著
『ハムレット』の風景 : 光と闇 : 『ハムレット』経験におけるオフィーリア場面の意味 笹山隆著
『ハムレット』における復讐とハムレットにとっての復讐 中野里皓史著
クレオパトラはなぜ死ぬのか : シェイクスピアの作劇法についての一考察 玉泉八州男著
『冬のよばなし』随想 上野美子著
続きを見る
書誌ID:
BN00284537
子書誌情報
Loading
eリソース
Loading
所蔵情報
Loading availability information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 
1 図書 総論

Sisson, Charles Jasper, 1885-1966, 小津, 次郎(1920-1988)

研究社出版

小津, 次郎(1920-1988)

岩波書店

2 図書

冨原, 芳彰(1921-), 笹山, 隆(1930-), 小津, 次郎(1920-1988), 奥村, 三郎(1932-)

大修館書店

小津, 次郎(1920-1988)

紀伊国屋書店

3 図書 四大悲劇

冨原, 芳彰(1921-)

英潮社新社

小津, 次郎(1920-1988)

南雲堂

村上, 淑郎, 小津, 次郎(1920-1988)

英宝社

小津, 次郎(1920-1988)

南雲堂

中野里, 皓史(1930-)

紀伊国屋書店

小津, 次郎(1920-1988)

岩波書店

小津, 次郎(1920-1988)

岩波書店

小津, 次郎(1920-1988)

南雲堂