1.

図書

図書
森有礼, 小原文衛編著 ; 土屋陽子 [ほか著]
出版情報: 大阪 : 大阪教育図書, 2018.1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
『悪魔のいけにえ』を観るフォークナー : 都市伝説、ロード・ナラティヴ、『サンクチュアリ』 森有礼 [著]
ランボー、トラウマ、反復脅迫 : ロード・ナラティヴと「現実界」 小原文衛 [著]
空間旅行から時間旅行へ : 『フージアの休日』にみるドライサーのアメリカン・パストラリズム 土屋陽子 [著]
『ジッピー・ザ・ピンヘッド』における路と異界とビート文化 : 対抗文化と主流文化の中間的文化 社河内友里 [著]
イメージの異境 : 『パリ、テキサス』とアメリカ的風景の変容 塚田幸光 [著]
「もっと遠くまで行けば」 : カナダ大西洋州 (アトランティック・カナダ)、自動車での移動 (オートモビリティ)、そして路 クリストファー・J・アームストロング [著]
歴史の果ての異界 : メアリー・シェリーの『最後のひとり』 細川美苗 [著]
『骨董屋』における彷徨、憑依、異界 矢次綾 [著]
ウナ・マーソン作品における三つの異界 : キングストン、ロンドン、ポコマニア 小林英里 [著]
トリニダードの「ごろつき」と新植民地主義 : アール・ラヴレイスの『ドラゴンは踊れない』にみるスラム住民たちの闘争の記録 杉浦清文 [著]
『悪魔のいけにえ』を観るフォークナー : 都市伝説、ロード・ナラティヴ、『サンクチュアリ』 森有礼 [著]
ランボー、トラウマ、反復脅迫 : ロード・ナラティヴと「現実界」 小原文衛 [著]
空間旅行から時間旅行へ : 『フージアの休日』にみるドライサーのアメリカン・パストラリズム 土屋陽子 [著]
2.

図書

図書
外山滋比古著
出版情報: 東京 : 研究社, 2017.11
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
福士航 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 英宝社, 2015.3
シリーズ名: 英宝社ブックレット
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
鏡味國彦, 川成洋, 齊藤昇編著
出版情報: 東京 : 文化書房博文社, 2012.2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
松島正一編
出版情報: 東京 : 音羽書房鶴見書店, 2012.3
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
イギリス・ロマン派文学研究会編
出版情報: 東京 : 音羽書房鶴見書店, 2011.10
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
edited by Mutsumu Takikawa, Masae Kawatsu, Tomoyuki Tanaka
出版情報: [Tokyo] : Otowa-Shobo Tsurumi-Shoten, 2009
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
長尾輝彦編著
出版情報: 札幌 : 北海道大学出版会, 2008.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
文学研究は何のため : 「意図の誤謬」、「多義性」、「必読の書」等をめぐって 長尾輝彦 [執筆]
民衆演劇としての『マクベス』 : マクベスの道化的な性格に焦点をあてて 五十嵐博久 [執筆]
彫像の場に向けて : 『冬物語』における罪から和解への計算 宮下弥生 [執筆]
ボーモント&フレッチャーと王政復古期演劇 佐々木和貴 [執筆]
キーツのギリシア 松崎慎也 [執筆]
「愛と女性描写」に見るバイロンの本質 : バイロン『ドン・ジュアン』 宮澤美惠子 [執筆]
「交錯する視線」の物語 : ジェイン・オースティン『分別と多感』論 池田裕子 [執筆]
ディケンズとドストエフスキーの「ユーモア」 : ドン・キホーテの影を追って 及川陽子 [執筆]
「視」と「聴」を考える : マシュー・アーノルドを例に 森岡伸 [執筆]
祝福された女性たち : クリスティナ・ロセッティとキリスト教終末論 滝口智子 [執筆]
限られた読者のための自伝 : ウォルター・ペイターの「家のなかの子」 十枝内康隆 [執筆]
愚か者の物語 : エドガー・アラン・ポーの「タール博士とフェザー教授の療法」 鎌田禎子 [執筆]
男を作るものは何か : サミュエル・クレメンズと男らしさの病 久保拓也 [執筆]
キャサリン・マンスフィールドの「亡き大佐の娘たち」が輝く瞬間 熊谷由美子 [執筆]
ある編集長からみた「レダと白鳥」 藤田佳也 [執筆]
詩的方法としてのコラージュ : パウンド『詩篇』における漢字的コラージュの創造性 菅原美穂子 [執筆]
欲望とアイデンティティの物語 : カーソン・マッカラーズの『黄金の眼に映るもの』 松井美穂 [執筆]
変奏されるロボトミー : テネシー・ウィリアムズの劇作品における「移動」と「静止」 新関芳生 [執筆]
「夫婦」をめぐる物語 : アーサー・ミラー作『転落の後に』試論 山下興作 [執筆]
「母」の帰還 : 反抗的な「娘」たちによる『指輪物語』の受容と修正 板倉宏予 [執筆]
ポストコロニアル文学におけるアイデンティティ : V・S・ナイポールを中心に 西真木子 [執筆]
もうひとつの世界への通路 : 『ハリー・ポッターと賢者の石』にみる英米ファンタジーの伝統 沢辺裕子 [執筆]
少女とテクスト : 樋口一葉「たけくらべ」とアリス・マンロー「パッション」 和氣久明 [執筆]
文学研究は何のため : 「意図の誤謬」、「多義性」、「必読の書」等をめぐって 長尾輝彦 [執筆]
民衆演劇としての『マクベス』 : マクベスの道化的な性格に焦点をあてて 五十嵐博久 [執筆]
彫像の場に向けて : 『冬物語』における罪から和解への計算 宮下弥生 [執筆]
9.

図書

図書
三谷康之著
出版情報: 東京 : 日外アソシエーツ, 2007.12
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
田島松二編
出版情報: 東京 : 南雲堂, 2006.3
所蔵情報: loading…