1.

図書

図書
辻村みよ子 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2018.3
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
高橋源一郎編著 ; 長谷部恭男 [ほか著]
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2018.7
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
樋口陽一, 中島徹, 長谷部恭男編
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2017.5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
奥平康弘さんとの想像上の会話三つ : はしがき 樋口陽一 [執筆]
日本国憲法における天皇制の姿 長谷部恭男 [執筆]
制度の時代 : 1981~2005 石川健治 [執筆]
立憲民主主義と共和主義 : 奥平康弘の憲法思想における一側面 成澤孝人 [執筆]
憲法文化の規範性 : いま、奥平康弘『法ってなんだ』を読み直す 渡辺洋 [執筆]
民主憲政のはざまで 松平徳仁 [執筆]
人権/権利/人間像 : 「一人前の人間」論を契機として 押久保倫夫 [執筆]
奥平康弘の表現の自由理論の一考察 : 原理論における奥平とチェイフィーの距離 阪口正二郎 [執筆]
小さな個人の集まりへの信頼 : 奥平康弘の「表現の自由」論 蟻川恒正 [執筆]
インターネット上の匿名表現の要保護性について : 表現者特定を認める要件についてのアメリカの裁判例の分析 毛利透 [執筆]
「ろくでなし子」事件とわいせつ表現規制 曽我部真裕 [執筆]
表現の自由の原理と個人の尊厳 : 実名犯罪報道と「忘れられる権利」 長峯信彦 [執筆]
国家秘密と自己統治の相克・再訪 横大道聡 [執筆]
宗教の「公共性」を考えなおす : 「宗教の自由の系譜」からの宿題 斉藤小百合 [執筆]
政治的自由と財産私有型民主制 : 奥平康弘の「個人主義」 中島徹 [執筆]
奥平先生の選挙権論 : 「選挙権論争」再訪 糠塚康江 [執筆]
選挙の自由と公正 只野雅人 [執筆]
自由と平等の相乗効果 : Obergefell判決が開く憲法理論の新たなる地平 巻美矢紀 [執筆]
奥平憲法学とコモン・ロー立憲主義 : 「生ける憲法」という思想と方法 愛敬浩二 [執筆]
リベラル・デモクラシーと裁判所 : 違憲審査の活性化に向けて 川岸令和 [執筆]
憲法訴訟における違憲・合法 : 国賠訴訟における立法内容の合憲性と立法行為の合法性の区分 大林啓吾 [執筆]
裁判所による適用から統治機構による実現 : 多層的人権保障システムの視点から 江島晶子 [執筆]
最高裁に舞い降りた「国際民主主義」者 : 横田喜三郎の法思考の形成と展開 山元一 [執筆]
最高裁判所判事としての団藤重光 : 「リベラルなタカ」の挫折と価値 渡辺康行 [執筆]
奥平康弘さんとの想像上の会話三つ : はしがき 樋口陽一 [執筆]
日本国憲法における天皇制の姿 長谷部恭男 [執筆]
制度の時代 : 1981~2005 石川健治 [執筆]
4.

図書

図書
樋口陽一, 山口二郎編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2015.7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 : 日本国憲法という文化を創り続けよう 樋口陽一 [執筆]
「戦後レジームからの脱却」への道程 : なぜ自民党は変質してしまったのか 中北浩爾 [執筆]
軍事優先の安全保障政策の不毛 : 「抑止力の強化」で低下する日本の安全 遠藤誠治 [執筆]
緊急事態条項 : トロイの木馬か、ただの木馬か 長谷部恭男 [執筆]
環境権「加憲」という罠 石川健治 [執筆]
「財政の健全性」規定 : 人類史の到達点に逆行する反民主性 井手英策 [執筆]
沖縄未完の「復帰」と「自治」 西谷修 [執筆]
「戦争ができる国」へ向けて「女性が輝かされる」日本 三浦まり [執筆]
最高権力者の「表現の自由」 蟻川恒正 [執筆]
憲法平和主義の系譜 vs.「積極的平和主義」 千葉眞 [執筆]
まっとうな憲法改正論議の条件 杉田敦 [執筆]
安倍流改憲は日本をどこに連れて行くのか 山口二郎 [執筆]
序 : 日本国憲法という文化を創り続けよう 樋口陽一 [執筆]
「戦後レジームからの脱却」への道程 : なぜ自民党は変質してしまったのか 中北浩爾 [執筆]
軍事優先の安全保障政策の不毛 : 「抑止力の強化」で低下する日本の安全 遠藤誠治 [執筆]
5.

図書

図書
長谷部恭男, 杉田敦編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2015.9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
安保法案はなぜ違憲か 長谷部恭男 [述]
安保法案と"九条の環" 駒村圭吾 [執筆]
解説 : 安保法制改定法案の概要とその違憲性 福田護 [執筆]
違憲の集団的自衛権行使を規定する「安保法案」は、撤回すべきである 宮崎礼壹 [執筆]
集団的自衛権「限定行使」の虚構 高見勝利 [執筆]
国際法は錦の御旗ではない 最上敏樹 [執筆]
座談会 : 安保法制は日本の安全保障につながるか 杉田敦司会 ; 石田淳, 遠藤乾 [述]
安保法制で日本は安全になるのか? 柳澤協二 [執筆]
集団的自衛権の抑止力について 栗崎周平 [執筆]
立法事実なき安保法制 : 無責任な政治家、自己責任を負わされる自衛隊 半田滋 [執筆]
「非立憲」政権によるクーデターが起きた 石川健治 [述]
対談 : 暴走する政治にどう対峙していくか 青井未帆, 伊藤真 [述]
安保法案はなぜ違憲か 長谷部恭男 [述]
安保法案と"九条の環" 駒村圭吾 [執筆]
解説 : 安保法制改定法案の概要とその違憲性 福田護 [執筆]
6.

図書

図書
石川健治編 ; 毛利透 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2014.12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
窮極の旅 石川健治 [執筆]
「旧ヨーロッパ的」あるいは「実存主義的」ケルゼン : ホルスト・ドライアーのケルゼン研究に依りつつ 毛利透 [執筆]
<「自由」の共和国>の憲法思想 : 「70年代主権論争」、そしてその後 山元一 [執筆]
嘘をつく権利? : カントと不完全な世界 長谷部恭男 [執筆]
「たたかう民主制」論の現在 : その思想と制度 渡辺康行 [執筆]
個人の尊厳と人間の尊厳 遠藤比呂通 [執筆]
尊厳と身分 蟻川恒正 [執筆]
窮極の旅 石川健治 [執筆]
「旧ヨーロッパ的」あるいは「実存主義的」ケルゼン : ホルスト・ドライアーのケルゼン研究に依りつつ 毛利透 [執筆]
<「自由」の共和国>の憲法思想 : 「70年代主権論争」、そしてその後 山元一 [執筆]